愛知県南知多師崎・カネセイ海産┃しらす・かちり・こうなご・初釜しらす通販 » 小女子の名前の由来

小女子の名前の由来

学名は玉筋魚(イカナゴ)
体は小さく女の子のように可愛いことから、こう呼ぶようになったと言われています。
なので、漢字にすると「小さな女子(おなご)」で小女子と呼ばれるようになったといわれています。
「小女子」と呼んでいるのは愛知県が主で他の地域では「かなぎ」「いかなご」と呼ばれているそうです。
春頃に出荷される小女子は、昔から春の風物詩となっています。

2013年 11月 25日 | 小女子



Home » 小女子 » Blog article: 小女子の名前の由来