愛知県南知多師崎・カネセイ海産┃しらす・かちり・こうなご・初釜しらす通販 » 調理方法、地域によって呼び名が変わる

調理方法、地域によって呼び名が変わる

関東では「イカナゴ」自体を「小女子」と呼びますが、
関西では、調理方法によって呼び名がかわります。
イカナゴの幼魚(5cm未満のもの)を「新子」と呼びます。
この「新子」をボイルしたものを「いかなごの釜揚げ」
乾燥させると「かなぎちりめん」
そして、佃煮にすると「小女子」と関西では呼ぶそうです。

地域によって呼び名が全然、違うんですね。

2013年 12月 02日 | 小女子



Home » 小女子 » Blog article: 調理方法、地域によって呼び名が変わる