愛知県南知多師崎・カネセイ海産┃しらす干し(ちりめん)・かちり・小女子(こうなご)・初釜しらす通販 » 南知多四方山話

南知多四方山話

方言あるある

よく師崎の人は<えらい>と言う言葉を使います。

ひとつの言葉に色々な意味があります。
例えば、体がえらい(疲れた)、勉強えらいね(頑張ったね)、あの女の子はえらい(強い)などと一般的には、偉いのイメージがありますが別の意味で使っています。

あとびっくりしたのが、私達は、あした(1日後)あさって(2日後)ささって(3日後)しあさって(4日後)って言いますが、全国的にささってって言う言葉はなく、しあさっては3日後のことなんですね。

普段当たり前に使っている言葉ですが、方言って面白いですね。

2015年 6月 26日 掲載 | 南知多四方山話

カネセイ海産 一日の終わり

機械や工場内を清掃機械や工場内を清掃機械や工場内を清掃しらすを炊き終わると、毎日3時間かけて機械や工場内を清掃します。

根気のいる大変なことですが、みなさまに安心して食べていただく商品をつくるために手間隙を惜しみません。

清掃が終わるとが今日も一日が終わります。

2015年 6月 14日 掲載 | 南知多四方山話

いよいよゴールデンウィークですね

師崎漁港朝市師崎漁港朝市は、5月6日(水曜日)も休まず営業いたします。

季節が良くなってきたので、色々なお値打ちな商品も出てきました。

天気のいい日は是非ドライブを兼ねてお立ち寄り下さい。

2015年 4月 30日 掲載 | お知らせ and 南知多四方山話

春のしらす漁はじまりました

春のしらす漁はじまりましたやっと天気が良くなりました。

今日から本格的にしらす漁がはじまりました。
今日は、とても大漁で良いスタートとなりました。

このまま漁が続くといいのですが…。

なんとなく師崎のまちがウキウキした気分になっています。

2015年 4月 16日 掲載 | 南知多四方山話

師崎漁港朝市

師崎漁港朝市昨日、中京テレビのキャッチ!で師崎漁港朝市が放送されました。

白井奈津ちゃんが取材に来てくださり、カネセイ海産の小女子を紹介して頂きました。

奈津ちゃんは、とても気さくな素敵なお嬢様でした。

癒されました。

2015年 3月 27日 掲載 | 南知多四方山話

青魚パワー

青魚パワー

昨日、テレビで言っていましたが、いわしなどの青魚を食べると錆びない体を作るそうです。
それによって老眼の進行も遅らせるようです。

昔から日本人に好まれて食べられていた大衆魚ですが、凄いパワーです。
丈夫な体を作るためにもお子様からお年寄りまでの幅広い年代の方に食べていただきたいですね。

2015年 3月 04日 掲載 | 南知多四方山話

節分いわし

IMG_20150202_105827

明日は、節分です。

いわしを焼くと鬼が煙を嫌って近づいてこないとか、匂いに誘われて近づいてきた鬼の目を柊の棘で刺すとか、いろいろ言い伝えはあります。

先人達の知恵で今の季節は「いわしのような小魚を食べて風邪などをひかない身体をつくる」と言う願いがかけられているのかもしれませんね。

2015年 2月 02日 掲載 | 南知多四方山話

神護寺

神護寺神護寺の境内で桜の花が咲いていました。
膝痛で悩む人々に御利益があるといわれるお寺です。

また、左義長で使う神火は、このお寺で御祈祷を受けた火です。
顧問さんにより、各地区に持って帰られます。

境内には、大漁旗がたくさん掲げられます。
漁師まちならではのお祭りです。
是非一度、お越しください。

2015年 1月 23日 掲載 | 南知多四方山話

左義長まつり

左義長まつり

平成27年1月25日(日) 師崎漁港朝市の近くで、左義長まつりが行われます。

ふんどし姿の若衆が無病息災や大漁祈願を願い、祝います。
正月飾りやお札と一緒に大のぼりを焼き尽くします。
とても勇ましいお祭りです。
若衆が撒いたお餅を焼いて食べれば今年一年良い年になると言われています。

地区祭礼につき、1月24日(土)~26日(月)朝市店は休業いたします。
ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

2015年 1月 15日 掲載 | お知らせ and 南知多四方山話

靄(もや)降り

靄(もや)降り
天気がいい日は、富士山も見ることができるのに6月になってからは、
霧の日がとても多いです。師崎では、靄(もや)降りと言います。視界が悪く漁師さん逹の悩みの種です。

2014年 6月 20日 掲載 | 南知多四方山話